焼き立てのパンを楽しむ-Pleasure which eats bread in nature

The view about carbon-dioxide emissions

The big measure is progressing to regulation of carbon-dioxide emissions, and reduction these days on a worldwide scale centering on Europe. The motion which is going to change into natural power sources what has mainly been dependent on a fossil fuel to all the energies we need is large. If a car is taken for an example, it will be the motion which is going to change the power into an electric motor from a gasoline engine. Concerning plant, it is the flow of changing the resources into natural power sources, such as wind force and heat of the earth, from atomic power or fire power.

If carbon dioxide increases in number primarily, what kind of thing which is not good will happen for the earth? Although the problem of various views is raised, doesn't a correct answer have this in fact? Although there are an opinion that it leads to global warming, and a hypothesis of since an ozone layer will be destroyed and the heat from the sun will be directly told under the influence, in the result of investigation so far, it turns out that the relation of the time and temperature whose carbon dioxide is increasing is only in agreement. Moreover, there is also an opinion that the carbon dioxide in the air begins to melt into the sea, and acidifies to it.

Originally, it may be a ridiculous thing that we the human beings protect the earth etc. Only in business of human beings, some problems may occur on a global scale. However, the carbon dioxide produced by the energy which burns and obtains something is never other animals and plants and things which receive automatically and are never added. Isn't it more important than anything for energy to recognize it as a limited thing and to live nature together carefully?

二酸化炭素排出量に関する考え方

昨今、ヨーロッパを中心に世界規模で二酸化炭素排出量の規制、削減に対して大きな取り組みが進んでいます。主に、我々が必要とするあらゆるエネルギーに対して、化石燃料に依存してきたものを自然エネルギーに変えようとする動きが大きいです。自動車を例に取れば、ガソリンエンジンから電気モーターにその動力を変えようとする動きです。発電所に関していえば、原子力や火力から風力や地熱などの、自然エネルギーにその資源を変更していくという流れです。

では、そもそも二酸化炭素が多くなると、地球にとってどのような良くないことが起こるのでしょうか?諸説の問題は提起されていますが、実はこれが正解というものは無いのではないでしょうか。地球温暖化に繋がるという意見も、オゾン層が破壊されその影響で太陽からの熱を直接伝えてしまうからとの仮説もありますが、これまでの調査の結果では二酸化炭素が増えている時期と気温の関係が一致しているという事しか分かっていないんです。また、空気中の二酸化炭素が海に溶け出し酸性化するという意見もあります。

本来、我々人類が地球を守るなどということはおこがましい事かもしれません。人類の営みだけでは、地球規模でなにか問題が発生するようなことも無いのかもしれません。しかしながら、何かを燃やして得るエネルギーによって生み出される二酸化炭素は、決して他の動植物や自然に対して決してプラスになるものではありません。エネルギーは限りあるものと認識し、自然を大切に共存していくことが何よりも重要ではないのでしょうか。

おいしパンを食す

湖畔の別荘地付近にはよく美味しいパン屋さんがあったりします。基本的に田舎(都会ではないということ)で、空気や水がきれいな点が大きな理由のひとつですが、何よりも都会のように多くのパンをさばかなくても良い点が重要かと思います。

都会の一等地、例えばおしゃれな代官山にも美味しいと言われているパン屋さんが多くありますが、まずはそこのお店の家賃はどれだけなのでしょうか・・? その家賃を補うために多くのパンを焼いて売っていかなければなりません。多くのお客をさばくとなると、必然的に従業員も多くなり人件費もかさんできます。

そうなってくると果たして何のためにパンを焼いていいるのか、商売のためなのかという流れになり、なかなか高い情熱を持ち続けていないと美味しパンを継続して出していくことは難しいのではないでしょうか。

その点田舎であればそういった家賃も低いですし、何よりも自宅を改装してお店をやっていたりすると家賃はほとんどゼロで運営することができます。

さらなる利点は

家賃の負担がなければ、自ずと気持ちや行動にゆとりがうまれ、パンにしろ関わっている商品により愛情を持って接することができるようになってきます。これは非常に重要なことではないでしょうか。今の日本であれば、食品に対する規制は大変厳しいものなので、どこでも間違ったものを手にすることはほとんどありませんが、それ以上に商品に愛情が傾けられている状況というのはなかなか遭遇できないと思います。

また、田舎のそういった自宅を改装したり、それに近い様式のお店であれば、地元や周り近所の評判が良くないと絶対にお店を続けることはできません。近所の方がよく来る地元のお店はまずハズレが無いと言ってもいいでしょう。逆に地元の評判があまり良くなく、一見の人や観光客ばかりのお店は実はそれほど美味しいパンではない可能性もあります。機会があれば、ぜひ地元に人に評判を聞いてみましょう。

自分の好み合ったパンを探す

とは言え、味の好みは人それぞれです。そういう田舎のパン屋さんも含めよく食べ比べてみて、最終的に自分の好みに合うスタンダードをぜひ探してみましょう。パンはお米に変わる主食とも言われていますが、毎日食べるのであればそれこそ食べ飽きないパンを探すべきですね。自分で作る場合には、別荘であれば石窯を作って本格的に始めてもいいかもしれませんが、ホームベーカリーをきちんと比較してを購入し、手軽に好みのパン作りを楽しんでも良いかもしれません。


since2005Copyright © Natural environment consideration of global warming | 自然の中の別荘でパンを食べる幸せ