湖で釣りを楽しむ

あなたはルアー派、それともフライフィッシング派?

湖での釣りとなるとまっさきにバス釣りが思いつくことでしょう。テレビでもタレントがよくバス釣りをしている番組が放送され、認知度も高いほうかと思います。また、ブラックバスは大体どの湖でも生息しているので、間口が広い点も人気になるポイントかと思います。そしてブラックバス釣りにはやはりルアーの組み合わせになりますね。手軽で、始めやすい点が大きな理由でしょう。

ただし、ルアーで簡単に釣れるかというと実はそんなこともありません。バスは悪食で良く食いつきやすいとは言われていますが、ポイントを外したり荒らしたりしていればなかなか釣れるものではありません。ルアーのアクションとかそういう基本的なところは、実はルアー自体がしてくれるのでそれほど気にすることはありませんが、バスが潜んでいそうなポイントを見つけることが一番重要だったりします。天候や岸からの地形によりポイントは変わるのです。

フライフィッシングを楽しむ

ルアーは、基本は投げて巻いて当たりが来たら合わせるだけですが、フライフィッシングはラインを送り出すのに慣れや技術が必要です。思い通りの場所にキャスティングできるようになるだけで、それなりの時間が必要です。またラインを送り出す動作をするにあたって後方に障害物がない場所が必要になります。そういった場所が限定されることも、フライフィッシングを始めるきっかけが少なくる理由の一つではないでしょうか。ちなみにそれなりの年齢であれば、釣りキチ三平のフライフィッシング編が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。棒に毛糸をつけて8の字の練習をしたものでした。

フライフィッシング横道

ちょっと湖の釣りからは横道にそれてしまいますが、フライは別にマニアックな釣り方でも特に珍しい釣り方でもありません。基本は、小さな虫を食べる魚であれば全てが対象で、餌で釣ったりルアーのような擬似で魚の習性を利用するものよりもはるかに理にかなった釣りと言えます。小さな虫、川虫を食べる魚がフライフィッシングの対象なのでそれこそほとんどの魚が狙え、また(口が)小さな魚であっても対象となり得るのです。フライフィッシングに興味があればぜひこのあたりのフライフィッシングのサイトを参考にしてみてください。


since2005Copyright © Natural environment consideration of global warming | 自然の中の別荘でパンを食べる幸せ