静かな別荘ライフ

別荘と言えば軽井沢?

ところで軽井沢には有名人の別荘がいくつもあることはご存知でしょうか。その中でも一番のセレブと言えば、何と言っても世界一の大富豪ビル・ゲイツでしょう。果たしてビル・ゲイツはこの軽井沢の別荘にどのくらい滞在するのでしょうか?世界中に別荘があるビル・ゲイツにとっては、(自家用ジェット機が着陸できる場所からの)アクセスが悪い軽井沢の別荘には、生涯に一回来れば良いほうだったりして。あ、空港からヘリで来ればいいのか。

それにしても、軽井沢はジョンレノンも滞在していたり、古くから閑静な保養地として世界中から人気でした。多少ハイクラスの方なら、やはり軽井沢に別荘を持つことは一つの目標ではないでしょうか。もちろん森林の中の別荘も素敵ですが、リゾートマンションを買われる方もやはり多いですね。維持費も含め、防犯上の理由も大きいそうですが、とはいえやはり軽井沢の深い森に囲まれて過ごす別荘ライフは格別なことでしょう。

別荘の目的

郊外、または山奥や海の近くに別荘を持って週末はそこで過ごす。なんて贅沢な生活でしょう。きちんと週末の休みが約束されているだけで、優雅な暮らしが想像できますね。ただ、やはりこれは若いうちに遊び尽くした、ある程度年配の人のスタイルになるでしょうか。もちろん経済的にそこまでの余裕がないといけないわけですから、若くして成功していない限り年配者が多くなるのは必然です。そして、のんびり別荘ですごす=実はとても暇な生き方ですよね。若ければもっとやりたいこと、遊びたいことがたくさんあるでしょうから、こういった生活はきっとヒマで魅力を感じないことでしょう。

ちょっと話しはそれますが、海外などの滞在型の高級リゾートホテルに泊まっても、若い人ほどゆっくり休もうという言う気はやはりおきず、とにかく出歩かなければ存した気分になると思うことが多いようです。それならば、滞在型のホテルではなく、ダウンタウンの比較的賑やかでもアクセスのいい場所に泊まったほうが良いですね。海外のリゾートホテルで基本的に何もせずにゆっくりと過ごし、心身共にリフレッシュする。なんと贅沢で、年寄りの発想でしょう(笑)


since2005Copyright © Natural environment consideration of global warming | 自然の中の別荘でパンを食べる幸せ